乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌でストレス対策

腸の働きが鈍くなるとストレスを感じやすくなる事をご存知ですか。
緊張する等、精神的ダメージをうける事でお腹が痛くなる、またはストレスで夜眠れなくなる等の経験をお持ちの方も少なくありません。
このような症状の原因として、腸の働きが関係していると考えられています。

腸の働きが鈍化する事でストレスホルモンは増加します。
ストレス軽減には、腸内環境を整える乳酸菌を摂取する事も大切です。

現在ストレスに効果的な乳酸菌として明らかになっている菌種は、カゼリ乳酸菌、LB81乳酸菌、SBL88乳酸菌、CP2305株の4菌種です。
それぞれの特徴を解説します。

カゼリ菌はストレスと免疫力低下を抑制する働きがあります。
小腸に生息する種類の乳酸菌で腸に長く留まる特徴がある事から悪玉菌を抑制し腸内環境を整える効果が高い特徴があります。
また、ストレスホルモン排除のカギを握るNK細胞の働きを活性化させ免疫力を向上させる働きがあります。
※そのためNK細胞の働きが鈍っているとストレスホルモンをうまく排除されません。

次にLB81は腸内環境の改善と腸の老化を防ぎ、肌荒れを改善する働きがあります。
腸官バリア機能を高め免疫細胞を活性化させ、ストレスや加齢による症状に作用する特徴があります。

そしてSBL88は大麦から採れた植物性乳酸菌です。
腸内環境改善効果をはじめストレス性睡眠障害、肝機能や免疫力の向上効果があげられます。
中でもストレス性睡眠障害においては、優れた改善効果があると研究でも発表されています。

最後にCP2305株は、ストレスに優れた効果のある乳酸菌です。
この菌種の最大の特徴は腸内だけではなく、腸から脳へと働きかけるところです。
脳からのストレスホルモンの分泌を抑え、ストレスに強い体質へと導く効果が期待されています。

トップに戻る