乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

インフルエンザを予防する乳酸菌のパワー!

冬になると流行する病気の一つにインフルエンザがあります。
近年では新型インフルエンザの流行も気になります。
そんな怖いインフルエンザに、乳酸菌が効果があることが、ここ数年の研究でわかってきました。
乳酸菌が持っている機能である免疫の強化や調整といった働きが、インフルエンザの予防に大いに効果を発揮する可能性が見つかりました。
テレビでも大きな注目を集め、広く知られるようになりました。
乳酸菌が持つインフルエンザを防ぐための作用とはどのようなものでしょうか。

乳酸菌には免疫活性化力が備わっています。
この免疫活性化力が人の免疫を活性化させ、インフルエンザを予防すると考えられます。
また、生菌よりも死菌の方が免疫力を活性化させる効果が高いという研究結果があげられています。
このことから、乳酸菌の免疫活性化力は、乳酸菌が生きて腸に届くか、否かに左右されないと考えられています。
ここまでの効果を確認すると、ぜひ摂取したくなりますが、気になる点として副作用のことがあげられます。

過剰に摂取した場合も含め、副作用についても確認します。
そもそも副作用とは治療とかけ離れた結果が出たことをさします。
副作用の確認として乳酸菌と整腸剤を比較してみます。
二つの大きな違いは食品から出来たものと薬の違いがあります。
薬は一時的に使用するのは問題ありませんが、常用すると危険です。
一方の乳酸菌は食品なのでまったくと言っていいほど副作用がありません。
とはいえ、大量の摂取は何らかの弊害をもたらすので注意は必要です。
考えられる副作用として腸を刺激することから、お腹がゆるくなるもしくはお腹がはる、おならが出るといったことでしょうか。
他にアレルギーを含め、乳製品が合わない方も注意が必要です。

トップに戻る