乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌ってアトピーにも効くの?

乳酸菌がアレルギーに効果があることは知られていますが、アトピー性皮膚炎にも効果がみられました。
年齢が低いほど発症率が高いアトピー性皮膚炎ですが、近年は年齢が高くなっても治らないケースが増えているようです。

皮膚を清潔にして薬で治療することが一般的ですが、根本的なアレルギーの改善には至っていないケースが多いようです。

アレルギーの発症と免疫には深い関係があります。
本来、免疫は体内に侵入するアレルギーを除去する働きがあります。
しかし何らかの影響で体内のバランスが崩れ、アレルゲンが侵入しても除去出来ず、過剰な反応をおこしてしまいます。
これがアレルギー反応でその一つがアトピー性皮膚炎です。
しかし、根治が難しいとされいたアトピー性皮膚炎ですが、二大原因の同時改善をすることで根治が望めることがわかってきました。
その原因の一つが皮膚の表面に存在する「黄色ブドウ球菌」が大量に発生し、アレルゲンになったことです。
もう一つは先にも書いている「免疫の異常反応」です。
アトピー性皮膚炎の人はそうでない人と比べて、善玉菌の数が少ないとされています。
その為、腸内環境が乱れてアトピー性皮膚炎が悪化すると考えられています。

最近、この乱れたバランスを改善するのに、乳酸菌が大きな役割を果たすことが確認され、そして効果を発揮する乳酸菌も特定されています。
腸内環境の乱れがあるということは、ターンオーバーも乱れていることが多く、免疫過剰になっていることが多いので、一概に免疫力をアップするのではなく、バランスを保つことが大切です。

トップに戻る