乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌は飲む量ではなく菌の種類の多さがポイント!乳酸菌の活用術を勉強しよう

健康のために乳酸菌飲料を愛用している方は、どのようにその乳酸菌飲料を選びましたか?乳酸菌飲料を選ぶときは、乳酸菌がどのくらい入っているのかという量ではなく、乳酸菌の種類の多さで選ぶことが大切です。
腸内環境を整えるためには、乳酸菌が、大腸や小腸、十二指腸など様々な部位で働くことが大切なのですが、乳酸菌の種類によっては、大腸だけで働くもの、小腸だけで活動するものなど、ある部位に特定をされる場合があります。
よって、一種類だけではなく、多くの種類の乳酸菌が入った飲料を選ぶことが大切なのです。
また、様々な乳酸菌をとることによって、ホルモンのバランスを整える効果があったり、心臓病などの慢性的な病気を改善する効果も期待できます。

そして、多くの種類の乳酸菌の飲料を飲む場合でも、同じメーカーのものばかり飲み続けていると、同じ種類の乳酸菌が体に入ることになります。
腸内の乳酸菌が同じものであると、腸内細菌が偏ってしまいます。
腸内細菌が偏ることによって、太りやすくなったり痩せやすくなったりします。
あるマウスの実験では、痩せているマウスの腸内細菌を肥ったマウスにうつすことによって、肥っているマウスを痩せさせることができました。
同じ種類の乳酸菌ではなく、異なるものを取り入れることで腸内細菌のバランスを整えることができます。

また、乳酸菌飲料を購入するときは、ヒト由来の乳酸菌が入っているものを選びましょう。
ヒト由来の乳酸菌は、腸内環境を整えるために良いとされており、体内で善玉菌を守る力が強いものと言われています。

トップに戻る