乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

赤ちゃんの乳酸菌摂取

人間の腸内環境を整えるという大切な役割を果たす乳酸菌ですが、ミルクや母乳のみでお食事を摂らない赤ちゃんは、乳酸菌をどのように摂取しているのでしょうか。

赤ちゃんは、産まれてくるときに、ママの腸内細菌を引き継いで産まれてきますが、その後、口にするものなどから、様々な菌が腸内に混在するようになり、その子その子の腸内の環境ができていくといわれています。
しかし、生後間もなくは、赤ちゃんは、ミルクや母乳のみで育ちます。
実は、母乳には乳酸菌が含まれており、母乳を飲んでいる赤ちゃんは、乳酸菌をしっかりと摂取しているのです。
その結果、母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内は、90パーセント~95パーセントくらいが善玉菌であるといわれています。
それは、母乳に含まれている乳酸菌を腸内の善玉菌が食べて、善玉菌が増殖し、その結果、腸内に存在していた大腸菌や、ブドウ球菌などの悪玉菌を減少させてくれるからなのです。

また、このように善玉菌が多い腸内環境の元においては、免疫細胞が増殖し、活発に活動ができるようになりますので、アレルギー疾患の予防になるのです。
赤ちゃんは、産まれてくるときにママの腸内環境を引き継ぎ、母乳から栄養を摂取するということは、ママの乳酸菌接種が重要なカギとなるのです。

ママは、良質な乳酸菌を毎日摂取することを、是非心がけましょう。
また、乳酸菌の種類も1種類摂取するよりも複数の種類の乳酸菌を摂取したほうがよいといわれていますので、あわせて心がけると良いでしょう。

トップに戻る