乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌は大人のアトピー性皮膚炎にも効果がある

アトピー性皮膚炎は大人になるにつれて改善されていくことが多いと言われていましたが、最近は大人になっても治らないというケースが増えています。
生活環境やストレスにより、子どものころは大丈夫だったのに大人になってから発症してしまったという人もいます。
アトピー性皮膚炎の強いかゆみは、場合によっては日常生活にまで影響が及ぶ辛いものです。

アトピー性皮膚炎の痒みは、病院で薬を処方してもらえば強い痒みを抑えることができますが、根本的に治すには体質から改善していくことが必要です。
アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギー症状は免疫機能が異常反応を起こしたときに出てきます。
また、腸壁のバリアが弱くなっているのでそこからアレルゲン物質が侵入しやすくなることもあるのです。

そこで注目したいのが乳酸菌です。
乳酸菌には腸内環境を整える働きがあり、壊れてしまった腸壁を修復しアレルゲン物質の侵入を阻止します。
腸内環境が整えば免疫機能のバランスが取れ、アレルギーの発症を抑えます。

ビフィズス菌LKM512やクレモリス菌FC株、アシドフィルス菌L-92株はアトピー改善に効果のある乳酸菌です。
個人差はありますが、これらの乳酸菌が含まれるヨーグルトやサプリメントで1か月ほど継続して摂取をすれば徐々に効果が出てくるようです。

保湿や皮膚を清潔に保ち医療機関の受診を続けながら、自分でできる改善策として乳酸菌を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

トップに戻る