乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌は胃酸で死滅するって本当?

「生きて腸まで届く乳酸菌」というフレーズを聞いた事がある人も多いでしょう。
ほとんどの乳酸菌は、胃酸や胆汁酸によって、腸に運ばれる前に死滅してしまいます。
しかし、長年の研究の結果、強力な酸の中にあっても死なない乳酸菌がいくつか発見されています。
生きた乳酸菌は、腸の運動を活発にし、悪玉菌の増殖を抑えて、免疫力を高めてくれます。

ただし、腸まで届いたとしても、ほとんどの乳酸菌は定着してくれません。
善玉菌が増えるのを助ける働きはありますが、摂取した乳酸菌自体が腸内で増殖するわけではなく、便として排出されてしまいます。
ですから、毎日摂取し続ける必要があります。

では、生きた乳酸菌でなければ効果がないのでしょうか。
そもそも乳酸菌は酸素を嫌う性質があり、空気に触れると死んでしまいます。
また、胃酸で死滅してしまうなら、乳酸菌を摂取しても意味がないように思えます。
しかし、死んだ菌でも効果はあるのです。
まず、死菌は善玉菌のエサとなります。
有害物質を吸着し、免疫機能も高めてくれます。
これは、生きた乳酸菌の効果とほとんど変わりません。

サプリの広告では、これらの事実はあまり伝えられていません。
乳酸菌を摂取するには、ヨーグルト、乳酸菌飲料、サプリ等がありますが、「生きて腸まで届く」というキャッチコピーに惑わされず、コストや自分のライフスタイルに合わせて、毎日摂取出来るようなものを選びましょう。

トップに戻る