乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

花粉症に乳酸菌が効果があるってホント?

一年中花粉の影響で、くしゃみや鼻水が出て苦労しているという方が増えているようです。
花粉症の悩みは、一度始まると完治することができない点ではないでしょうか。
最近の研究で、乳酸菌やビフィズス菌が花粉症を改善する効果があると発表されました。
どのような効果があるのかをご紹介しましょう。

花粉症になってしまうのは、無害である花粉に対して、人間の体が抗体を作ってしまい、抗体が花粉と合わさってしまうと、ヒスタミンが発生します。
そして、有害な物質を体の外へ追い出そうとするため、くしゃみや鼻水が出るようになります。
研究では、乳酸菌をとることによって、ヒスタミンが生成されなことが分かりました。
乳酸菌が体内に入ることで、抗体が増加しなくなるのです。

アレルギー症状がある方の体内には、乳酸菌やビフィズス菌が少ないという報告があります。
アレルギー体質の方が、ヨーグルトなどを食べて体内の乳酸菌を増やすことで、くしゃみや鼻水などの花粉症特有の症状が出なくなることが分かっています。

ただ、乳酸菌をとれば良いというわけではなく、食べ方にもポイントがあります。
まず、花粉が飛ぶ2週間から4週間前には食べ始める必要があり、長期的に食べることで効果が出てきます。
そして、乳酸菌には多くの種類があり、人によって合うかどうかが異なるということです。
よって、ヨーグルトを食べ始めても症状が治まらない場合、様々な種類の乳酸菌が入っているヨーグルトを試してみる必要があります。

トップに戻る