乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌摂取で軟便になってしまうことはある?

乳酸菌には腸内環境を整える働きがあります。
便秘対策にヨーグルト等から乳酸菌を摂取する人も多いと思いますが、軟便にも乳酸菌がお勧めです。

便秘同様、軟便も腸内環境の悪化から起こります。
お腹の調子が悪いときは、腸内にある悪玉菌が善玉菌よりも優勢になり、軟便の症状となって現れる場合があります。
そんな時は乳酸菌を摂取し、善玉菌を増やして腸内環境を整えると良いでしょう。

乳酸菌を摂取しているのに軟便になってしまった場合は何が原因なのでしょうか。
原因はいくつか考えられますが、乳酸菌の過剰摂取によるものが多いようです。

便秘気味かな?お腹をすっきりさせたいなと思い、乳酸菌サプリメントやヨーグルト、発酵食品を過剰摂取してしまうと、軟便を引き起こします。
これは排便活動が活発になりすぎてしまっているからです。
便秘と軟便を繰り返すのは辛いですよね。
乳酸菌は体に良いといってもバランスよく摂取することが大切です。
過剰摂取にならないよう気を付けましょう。

乳酸菌の過剰摂取以外にも、カフェインを含む食品の過剰摂取やストレスも軟便になる原因の一つです。
乳酸菌を摂取しての症状が改善されない場合は一度、生活習慣を見直してみるのも良いでしょう。
また、適度な運動も大切です。

腸内環境が整うと、免疫があがり風邪をひきにくくなったり、美肌になったりメリットがあります。
また、毒性物質が減り、細胞の栄養素が増え疲れにくい体になりますよ。

トップに戻る