乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌でストレス対策になる?

乳酸菌が腸内環境を整えて便通をよくすること、免疫力をアップさせる効果があることはよく知られています。
近年注目されている乳酸菌の働きが、腸とメンタルヘルスの関連性です。
ずばり、乳酸菌摂取で腸が健康な状態を維持しているとうつ病などの精神疾患にかかりにくくなったり、腸の健康を取り戻すことによって心も健康になるという深い関連性があるのです。

受験や大きなプレゼンの直前などにお腹の調子を崩したことはありませんか?実はストレスと腸が密接に関わっていることは大勢の人が体験していることなのです。
腸は第二の脳ともいわれているように精神状態が如実に反映される臓器なのです。

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」はその9割が腸に存在しています。
うつ病の原因はセロトニン不足と認知されていますが、腸の機能が低下している状況下ではセロトニンが脳までうまく運ばれずにセロトニン不足をなってしまいうつ病になりやすくなるのです。
ですから、うつ病の人やメンタルヘルスに高い意識を持っている人こそいつも腸内環境を整えて、腸の機能を良い状態に保つように乳酸菌摂取を意欲的に行うことが望ましいのです。
なおストレスを感じると腸内では悪玉菌が一気に増殖することもわかってきています。
善玉菌を増やして、悪玉菌に悪さをさせないように日頃から意識的に乳酸菌摂取に励みましょう。

既にうつ病などのつらい症状に悩まされている人こそ、乳酸菌摂取を強くおすすめします。

トップに戻る