乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

カンジダ膣炎に乳酸菌

カンジダ膣炎は、膣の猛烈なかゆみとヨーグルト状のおりものが特徴の疾患です。
カンジダは膣や腸内に常在している真菌(カビの一種)で、体調の良いときは特に何も起こりません。
善玉菌が膣内を酸性にして、菌の繁殖を抑えているからです。
しかし、生理や風邪、便秘等、体調の変化や免疫力の低下により善玉菌の働きが衰えると、症状が出ます。
特に妊娠中はカンジダ膣炎にかかりやすいといわれています。

医師の診察を受ければ、消毒をして、軟膏を処方してくれます。
しかし、かゆみ等の症状はすぐに改善されますが、カンジダ菌自体が消滅するわけではないので、再発の可能性もあります。

誰しも病院には通いたくありません。
ですから、日ごろから体調管理をする事が重要です。
それでも再発してしまうというときは、乳酸菌が有効です。
ヨーグルトを食べても、直接膣に乳酸菌(善玉菌)が届くわけではありませんが、腸内環境が良くなるので、免疫力がつき、膣内の菌のバランスも良くなるのです。

膣内に直接ヨーグルトを塗るという方法もあります。
あくまでも民間療法なので、自己責任で行ってください。
また、塗る場合はプレーンタイプのものを使用しましょう。
糖分は悪玉菌のえさになってしまいます。

ヨーグルトは脂肪分が気になりますし、糖分なしでは食べにくいものです。
乳酸菌タブレットなら、無理なく続ける事が出来ます。
膣内に常在しているデーデルライン桿菌が含まれた、膣専用の乳酸菌サプリもあります。
カンジダ膣炎の発症を繰り返すという人は、試してみましょう。

トップに戻る