乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

ヒト由来の乳酸菌とはどんな乳酸菌?

コマーシャルでも耳にする「ヒト由来の乳酸菌」とはどういった乳酸菌なのでしょうか。
ヒト由来の乳酸菌について、どのような乳酸菌なのか調べてみましょう。

ヒト由来の乳酸菌は、読んで字のごとく人から取れた乳酸菌のことです。
人の腸内に存在している腸内細菌を培養したものと考えてもらうとわかりやすいでしょう。
そもそも人間は生まれた時から大量の腸内細菌が腸内に存在していて、必要なものなのです。
腸内細菌の内訳として、善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3つが存在してします。
人は年齢が若いうちは善玉菌が多く、腸内環境が整った状態でいます。
しかし、年齢が上がると日和見菌が悪玉菌に変化し、悪玉菌が多くなって、便秘や免疫力の低下となってしまうのです。
この環境を改善するには善玉菌を増やす必要があり、乳酸菌が善玉菌を増やしてくれるので、積極的に摂取するように謳われているのです。

では、ヒト由来の乳酸菌は、どこに存在しているのでしょうか。
それは人の排泄物の中、ようは糞便に含まれています。
糞便から摂取する乳酸菌は、あくまで分離精製したものなので、直接、糞便に接触したわけではないので、衛生的にも問題ありません。
ほとんどの乳酸菌が排泄物として体外に出るときは、死菌の状態です。
しかし、一部の乳酸菌が死菌とならずに排出物と一緒に体外に排出されることがあり、これがヒト由来の乳酸菌となるのです。

もともと人の体内にあったので、胃酸に負けること無く腸内に届くのことでメリットと考えられています。

トップに戻る