乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

腸内にたくさんの乳酸菌

最近ではストレスや生活習慣の乱れ、外食の増加、運動不足などから便秘に悩む人が女性だけでなく男性でも増えています。
便秘の解消にはヨーグルトやチーズなどの乳製品に加えて、味噌や納豆、漬物などの発酵食品を摂取すると良いといわれます。
もちろん、生活習慣を見直し、上手にストレス解消をする方法を見つけたり、十分な睡眠を取ったり、適度な運動をすることなくして、腸内活動を活発にする食べものを多く摂取したところで便秘が必ず解消されるとは言えません。
ですから便秘対策の為に、まずは生活習慣を見直すことから始めましょう。

しかし、先にあげたような食物がなぜ身体に良いかといいますと、乳酸菌が多く含まれていて、腸内にもとから存在する乳酸菌を含む善玉菌が増殖し、悪玉菌を退治するのに役立つからです。
悪玉菌の代表的なものにはブドウ球菌や大腸菌などがあります。
これらは腸内に入ってくるものを腐敗させたり、有害物質を作り出して身体に悪影響を及ぼします。
ですから、悪玉菌が増えて優勢になってしまうと、便秘にもなりますし、免疫力が低下する為に風邪やその他の病気に罹りやすくなったり、お肌が荒れたりします。

また、ストレスなどが加わるとこの悪玉菌が増殖する原因となります。
そうならないために、腸内の善玉菌の代表格である乳酸菌を増やして善玉菌優勢の腸内環境を作り出したいわけですが、善玉菌の数は年齢と共に減ってしまいます
更に、ストレスや生活習慣の乱れなどが原因で現代人の身体の中は善玉菌にとって増殖しにくい環境となっています。

腸内環境を整える為にできることとして、悪玉菌を増やしてしまうような習慣を見直すことに加えて、乳酸菌のエサとなるような食物を積極的に摂取するようにしましょう。
バナナに含まれるオリゴ糖や食物繊維は乳酸菌の大好物です。

また、生きて腸まで到達できる乳酸菌を摂取するなら、腸内の善玉菌のエサとなるだけでなく、自らも腸内で悪玉菌を退治することに貢献できます。
ヨーグルトなどのトクホマークが付いている製品は、生きて腸まで到達できることが確認されているものですから、商品を選ぶ際に参考にしてください。
これらのことを心がけるだけで腸内環境は整い便秘をはじめとする多くの疾患を予防することができます。


トップに戻る