乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌を取るベストなタイミングは?

乳酸菌というとヨーグルトのイメージが強いですが、ヨーグルトというと朝食のデザートというイメージの方も多いのではないでしょうか。
乳酸菌を摂取するベストなタイミングは朝の食後で間違いないのでしょうか。

結論からいうと食後に摂取するのは大正解です。
というのも、乳酸菌は酸に非常に弱いため、腸まで到達する間に胃酸によってそのほとんどが死んでしまいます。
ですから、できるだけ胃酸の影響を受けにくいタイミングで摂取することで、生きて腸まで到達し、善玉菌として悪玉菌と闘うことができるという訳です。
空腹時には胃酸がたくさん分泌され、食後に胃酸の分泌は弱まります。
そのため、食後の摂取がベストなタイミングといえるでしょう。

朝が良いのか夜が良いのかというと点は、それほど大差はないようですが夕食後2時間ほどで摂取するのが良いのではないかといわれています。
もしくは就寝2時間前ともいえますが、人の体が就寝中に新陳代謝が活発になること、就寝中に乳酸菌が腸内で働き朝スッキリとした朝が迎えられるということなどがその理由としてあげられます。

注意すべき点はピロリ菌除菌のために乳酸菌を摂取する場合です。
ピロリ菌除菌は胃酸にも負けない菌を使って、胃で行われます。
その場合は胃に何も他のものが入っていないほうが働きやすいですから、空腹時に摂取するのがベストなタイミングです。

しかし、どのタイミングで摂取するかよりももっとも大切なのは継続して摂取し続けることです。
乳酸菌は外から摂取したものは腸内で長くても1週間ほどしか生きられないといわれています。
そのため、毎日摂り入れ続ける必要があります。
自分にとって継続しやすいタイミングがその人それぞれにとってのベストなタイミングといえるでしょう。
また、薬のようにすぐに効果が現れるものでもありませんので、効果がないとすぐに諦めてしまわずに、最低でも2週間から1ヶ月は継続して効果の出具合を観察しましょう。

トップに戻る