乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌でカンジタを予防

カンジタ菌とは女性の膣内に常在する真菌の一種です。
通常は悪さをすることはありませんが、膣内の細菌バランスがストレスや極度の疲れなどが原因で崩れ、善玉菌が減り悪玉菌が優勢になってしまうと、悪玉菌の一種であるカンジタ菌も増殖し炎症や痒みを引き起こしてしまいます。
一度発症すると再発を繰り返し、なかなか完治させるが難しいとも言われています。
婦人科で膣洗浄治療や膣錠を処方してもらうこともできますが、一時的に症状が改善されるも、すぐに再発してしまうという方も多いようです。

そこで最近注目されているのが乳酸菌によるカンジタ予防とカンジタ治療です。
カンジタ菌が膣内で増殖できないように、乳酸菌の働きで常に膣内を弱酸性保つ、もしくは一度悪玉菌が増えてしまった状態を再び善玉菌優勢の環境に戻してカンジタ菌が起こしていた炎症や痒みを治療するという方法です。
この方法は大きな成果をあげており、婦人科で処方された薬では再発を繰り返していた人も、乳酸菌を摂取するようになってからは再発することなく、完治することができたという声が多く寄せられています。

たくさんある乳酸菌の種類の中でも「PL乳酸菌」という種類の菌が特にカンジタ菌を抑制する働きに優れていることが分かっています。
ヨーグルトなどの食品から摂取する方法もありますが、激しい症状をすぐにでも何とかしたいという方は、少しでも早くその働きを実感したいはずです。
乳酸菌には酸に弱く胃酸でほとんどが死滅してしまうという特性があるため、効果を実感するには大量に摂取する必要があります。

そこで効果的に摂取できるように濃縮処理やマイクロコーティングしたPL乳酸菌製剤というものが販売されていますから、カンジタ予防や治療の為にはこれらの製剤を用いることをおすすめいたします。
このようにして摂取した菌は、病気の予防や治療だけでなく、美白・美肌効果も期待できますし、整腸作用により女性の多くが悩んでいる便秘解消にも効果がありますから、乳酸菌は女性の強い見方といえます。

トップに戻る