乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌でイライラをしずめる

便秘が続くとイライラとだるさを感じるという方が多いようです。
なぜ便秘はイライラを引き起こすのでしょうか。
便秘だとお腹もハリ、圧迫感を感じて不快感が増します。
いつになったら便意がやってくるのかとイライラしてしまいます。
しかしイライラの理由はそれだけではありません。

便秘になると外に排出されない便が腸の中で腐敗し、便から有毒ガスが発生します。
その有毒ガスは血液に流れ出て体中をまわります。
そして自律神経を刺激し、体が興奮状態となりイライラの原因となります。

イライラすると腸内には悪玉菌が増えます。
悪玉菌が増えると腸の動きは更に鈍くなり、便秘が悪化します。
まさに悪循環、便秘とイライラのスパイラルとなってしまいます。

この状況を打破してくれるのが乳酸菌です。
乳酸菌は腸内に存在する善玉菌の代表で、腸内環境を整えて、腸の動きを活発化させ、便秘を解消してくれます。
年齢と共に腸内の善玉菌は減少しますし、ストレスや脂質の多い食事などが原因で腸内の善玉菌は減少します。
便秘とイライラの悪循環に陥らない為にも日頃から乳酸菌が豊富に含まれたヨーグルトやキムチ、味噌などの食品を摂取するように心がけましょう。

また、カルシウムが不足するとイライラしやすくなるといわれていますし、日本人はカルシウム不足の人が多いともいわれています。
乳酸菌が生み出す乳酸はカルシウムの吸収率をあげてくれます
ヨーグルトには牛乳よりも豊富なカルシウムとリンが含まれて、カルシウムを摂取するのに適した食品です。
カルシウム不足を補い、イライラをしずめてくれる食品ですから積極的に摂取したいですね。

乳酸菌を摂取することで増殖した善玉菌は幸福ホルモンともいわれるセロトニンややる気ホルモンであるドーパミンを作り出す働きもしてくれます。
腸内に善玉菌が増えることで今度はイライラをしずめるだけでなく、積極的な気持ちになれる幸せスパイラルが生まれます。
いい事尽くめの乳酸菌ですから、毎日の生活に取り入れて心身ともに健康な日々を目指してはいかがでしょうか。

トップに戻る