乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌の一日の摂取目安量は?

整腸効果や免疫力向上などの効果が期待できる乳酸菌ですが、一日にどれほどの量を摂取するとそれらの健康効果を期待できるのでしょうか。
チーズやヨーグルトなどの食品やヤクルトなどの飲み物で摂取するという方法もあれば、乳製品が苦手だという方や必要量を毎日食べ続けるのは大変だという方の中には、サプリメントで一日の必要な摂取量を摂り入れるという方もいらっしゃいます。
食品で乳酸菌を摂取する場合の一日の摂取目安量は乳酸菌の含まれているものを200g~300gと言われています。
ヤクルトの場合は一日の摂取量を計算して開発されている製品ですから、1本の摂取で一日の必要量を賄うことができます。

サプリメントの場合は、製品によって含まれている乳酸菌の量はさまざまですが、菌の数でいうと1兆個の菌を摂取することが望ましいと言われています。
製品にはどのような菌がどれほど含まれているかという表示がありますから、自分の身体にあった種類の菌を必要数摂取できる製品を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、乳酸菌は胃酸や胆汁の働きで腸に到達するまでにそのほとんどが死滅してしまいます。
しかし、その死骸が善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖に寄与し、腸内環境を整える働きをします。
そのため、ここでいう菌数1兆個というのは、死滅した菌の数を言うもので、生きて腸まで届く菌の数ではありません。
生きて腸まで届く菌の一日の必要摂取量はまだ突き止められていないのが現状です。

人によってそれぞれ腸内環境は違います。
善玉菌と悪玉菌の割合も違いますし、すでにどれほどの乳酸菌が腸内に存在しているのかも違いますから、どれほどの量外から補うべきなのかが違います。
また、効果のある菌の種類も違いますから、どのような種類の菌が自分の身体に効果的なのかは色々な菌を試してみて結果で判断するしかありません。

その場合に、一日二日大量に摂取して、効果が出ないのですぐに合わないと決め付けてしまうという方法ではなく、効果がないように思えても、最低でも2~3週間は続けて摂取してみて効果を見てみるようにしましょう。
自分にとって効果的な乳酸菌の種類が見つかったなら、継続して摂取し続けることが大切です。
自分の生活スタイルや予算、好みにあった摂取方法でバランスのよい腸内環境を手に入れましょう。

トップに戻る