乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

日本食にも乳酸菌

日本人の食生活は変化を遂げ、欧米の食文化が好まれるようになってきました。
欧米の食文化には高脂質で高タンパクなものが多く、それらは腸内に棲む悪玉菌の大好物です。
そのため、最近では女性だけでなく男性や小さな子供でさえも便秘に悩むことが増えているようです。

日本は長寿の国として世界でも群を抜いて平均寿命が長いことで有名ですが、それは日本古来から親しまれてきた日本食の影響が大きいと考えられます。
乳酸菌というとヨーグルトやチーズなどの乳製品に多く含まれているというイメージがありますが、実は味噌・しょうゆ・納豆・ぬか漬けなどの漬物類や日本酒などにも豊富に含まれています。
乳酸菌は整腸作用に優れているだけでなく、免疫力を向上させて病気になりにくい体作りには欠かせない栄養素です。
また、日本食はごぼう・たまねぎ・かぼちゃ・じゃがいもなど食物繊維やオリゴ糖などを豊富に含む食材も使われます。
これらの食物繊維やオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなり、乳酸菌と一緒に摂ると相乗効果を期待できる栄養素です。

日本人が親しんできた味噌汁とご飯と漬物と納豆という食文化は乳酸菌が豊富で、知らず知らずのうちに便秘や病気になりにくい体作りができていました。
しかも、植物性の乳酸菌のほうが動物性のものよりも生きて腸に届きやすく、効果的に働いてくれると言われています。

乳酸菌を摂取する為に、朝の和食をやめて、パンとヨーグルトを摂取するようにしているという方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に一度日本食のすごさを見直し、朝から乳酸菌が豊富な和食に戻してみると意外とお通じは良くなったり、風邪を引きにくくなるという嬉しい効果を実家することができるかもしれません。
日本人の体にはやはり日本食が一番消化吸収しやすく、健康に良いと言われています。
これからは若い世代の人たちも含め、家族みんなで意識して日本食を食べる機会を増やしてみるのはいかがでしょうか。

トップに戻る