乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌とオリゴ糖の効果

乳酸菌とオリゴ糖は共に便秘解消など腸内環境を整える働きがある栄養素として知られていますが、この二つを同時に取ることで更なる相乗効果を期待できます。
腸内にいる善玉菌の代表である乳酸菌を摂取することで、腸内の善玉菌を増やすことができますし、胃酸により死滅してしまった死菌も腸で善玉菌のエサとなって善玉菌を増殖させる働きをします。
オリゴ糖は菌ではなく甘味料の一種で、ブドウ糖などの単糖が2から10個ほどが結合してできた小糖体と呼ばれるものです。
オリゴ糖は酸性に非常に強いという特性があり、胃を通過する際にも胃酸によって分解されることなく腸までたどり着くことができ、善玉菌のエサとなります。
善玉菌を増殖させ、活発化させる手伝いをし、免疫力を高めたり腸のぜんどう運動を活発化させて便秘解消を促します。

最近ではこれらの相乗効果を狙ってオリゴ糖入りのヨーグルトが販売されたり、オリゴ糖と乳酸菌が配合されたサプリメントが売り出されています。
ヨーグルトで摂取する場合は、便秘解消を狙う場合は毎日500gほどの量を摂取しないとなかなか効果が現れないため、頑固な便秘に悩まされている方の場合は、サプリメントで摂取する方が効果を実感しやすいという意見もあります。
食物で摂取する場合は、オリゴ糖はたまねぎ・バナナ・納豆・ごぼう・アスパラガスなどに多く含まれています。
乳酸菌はヨーグルト・チーズ・味噌・しょうゆ・漬物・キムチに含まれていますから、ヨーグルトにバナナを入れて食べたり、納豆キムチにして食べたり、味噌汁や豚汁の具にたまねぎやごぼうを加えてみるなど、相乗効果を狙った工夫をしてみると良いかもしれません。
お酢とも乳酸菌は相性が良いですよ。

また、摂取するタイミングとしては、朝食にヨーグルトを摂取している方も多いと思いますが、寝ている間に体の新陳代謝が活発になることを考えると寝る2時間ほど前に摂取すると効果的でしょう。
しかし、寝る前に消化しにくいものを摂取するのは胃に負担が掛かりますから、朝食と就寝前、一日二回に分けて摂取し、就寝前は消化しやすいヨーグルトやサプリメントなどを摂取するようにしましょう。

トップに戻る