乳酸菌を比較・検証!
メインイメージ

乳酸菌とプロバイオティクス

「プロバイオティクス」という言葉を聞かれたことはおありでしょうか。
近年注目を集めている健康によい物質です。
抗生物質を「アンチバイオティクス」といいます。
言葉の通り、身体の中の細菌を殺してくれる物質で、身近なところでは傷口が化膿することを防いでくれたり、風邪の時に身体の中で繁殖してしまったばい菌を殺してくれたりします。
しかし、抗生物質は悪い菌だけでなく、良い菌も殺してしまうという難点があります。

そのため腸内の悪玉菌だけでなく、乳酸菌をはじめとする善玉菌も殺してしまいます。
抗生物質を内服するとお腹がゆるくなって、お腹をこわす人が多いのはそのためです。
また、抗生物質は内服を続けることで、耐性を持った菌が現れてどんどん強い抗生物質を内服する必要が生じたり、ついには抗生物質が効かなくなってしまうという危険性があります。

このような事態をさけるため、最近では「プロバイオティクス」を注目を集めるようになりました。
これは、抗生物質のような薬ではなく、人の身体に良い影響を与えてくれる微生物のことで、それらを含む食品も含まれます。

プロバイオティクスに用いられる代表的な微生物が乳酸菌です。
乳酸菌を積極的に体内に摂り入れることで、植物で言う「根」のような役割を果たし、身体に必要な栄養補給を行い、身体に悪影響を及ぼす菌を排除する腸内の環境を整えることができます。
腸は人間の健康の源ともいえる大切な部分ですから、腸内で乳酸菌をはじめとする善玉菌を増やすことができるプロバイオティクスを積極的に摂取するようにしましょう。

そうすることで、薬に頼るのではなく自らの免疫力を向上させて、自ら闘える身体作りを行うことができます。
副作用の心配もない健康法ということから、多くの人に親しまれています。
プロバイオティクスでは腸まで生きて到達することが実証されているトクホ製品や日本人が古くから親しんできた味噌や漬物、しょうゆ、納豆などがおすすめです。

トップに戻る